ご挨拶

近年、気管支喘息・COPDの薬物治療の中心は吸入薬が担っています。吸入薬の普及により、喘息死は著しく減少し、喘息患者のQOLは飛躍的に向上しました。COPDにおいてもQOLや呼吸機能の維持、増悪予防において吸入薬が重要な役割を果たしています。 しかし吸入薬の効果を最大限発揮させるためには、医療従事者が正しい吸入指導を行い、患者が正しく吸入を行う必要がありますが、現実にはいずれもいまだ十分でないことが多くの報告により明らかです。
「吸入療法サポートチャンネル(吸チャン)」は、医療従事者の吸入指導レベルの向上、及び患者の吸入手技の向上に寄与することを目的とした医療従事者向けのWebサイトです。喘息・COPDに用いられる多くの吸入薬の吸入方法の動画を一堂に掲載し、各薬剤の動画を視聴することにより正しい吸入手技を習得していただくことができます。 吸入指導に難渋する医師・薬剤師・看護師が気軽かつ簡便に吸入方法を学習できる場として「吸チャン」を利用していただくことにより、吸入薬を使用するすべての患者が吸入薬の恩恵を最大限受けられることにつながることを期待しています。

公益財団法人 日本アレルギー協会 理事長 宮本 昭正
鹿児島大学 呼吸器内科学 教授      井上 博雅